アクティブマン

沖縄の。。。。 思い出せない。  そうシーサー。  良い顔してる。 2匹居て。 右がくちあけてて幸せを呼び込み。  左は、口締めて怖い顔。 悪や泥棒をよせつけない。 知ってた? 僕のシーサーはレンガ色じゃない。 白。 めずらしい。 有名な陶芸家の作。

沖縄の糸満にアメリカの30フッターのヨットライセンス試験を取りに行った時に合格のご褒美に買った。  一週間かけて2月の荒れ狂う沖縄の海を航海。 久米島をまわって帰って来る。 糸満に着き次第筆記試験。 暗くなるし、寒いし。 先生は、自家製ヨットで世界一週した青木洋先生。 すごい人。 人間的に大きい! 元気かな。 まだ田尻校にスクール有るのかな。 おれが再びヨットに乗ること有るのかな。

30,40代の俺。  フルのトライアスロンに出たり。 スポーツでアクティブだった。 今でも燃える物に出会えばスポーツやるけど。 今50代。 走れと言われたら走るけど。 あまり興味無い。 やりたい事が無いわけでは無い。 やっている。 常におれは、やりたい事をみつけて真剣に取り組んでいる。  興味の無いことはやならい。

今でもアクティブですよ。 ぼく。  でもやっている事がスポーツで無いだけ。


スーパーフライ

高校時代には、本当にいろんな音楽に接した。 母親がかって幼稚園の先生でオルガンを家でも弾いていたのでクラシック音楽も耳に残っている。 いまから思えばかなり難しい曲も弾いていたように思う。

幼少の頃は、ピンキーが好きだった。  かなり悩んで初めて買った草原の輝き。  中学の頃、周りが矢沢永吉等にくるっていた頃、ぼくはマーチやクラッシックLPを聞いた。心が震えるほど感動して何度も聞いた。 ポールモーリアとの出会いも大きかった。 高校になり、北原君と知り合い彼にロックを教えてもらった。 クイーンを録音してもらいそれこそ1000回ほど聞いた。 それからヘビメタ、ポップあらふるジャンルを聞き、レンタルレコードを借りてテープに取り。 大学に入ってベースギターやリードギターも弾くようになった。 アメリカに居る時もCDを買いまくった。  リンピングトン。 最高のポップジャズ! 会社に入って善夫からHelloweenを知った。 ドイツのバンド。 めちゃいいい。  良い音楽は、心を振るわせてくれる。 お酒に酔った時の感じに似てる。

まったく音楽を聴かなくなって。 いそがしくなって。 精神的に余裕がなくなって。 最近心震える音楽に又出会った。 スーパーフライ。 何回聞いも飽きないどころかますます元気がでる。

 


カメラ300台

一時期カメラに狂ってメカニカル式を買いまくり、300台を超えた。 ドイツのライカ、ツアイス、ニコン、ミノルタ、ペンタックス、キャノン、チェコ、ロシアのキエフ。。。。。。。  私の好きな長徳さんは、3000台以上だったか。 どこにおいているのか。

今は全く興味を無くした。 いそがしいからか。 精神的余裕がないからか。  売れば儲かると思う。  もうこの世で生産されていないので。 カメラのマーケットは、買って売る人。 買う人。 世界中でこの動きが永遠にくりかえされている。

友人のフォンと旧東ドイツのライカの工場に行った事がある。  工場長からしそんじたレンズをもらった。 ぼくにとっては、宝石に見えた。 ピントも露出もシャッタースピードも全て自分で決めて映す醍醐味。 プリントができてくるまでどのように撮れているか分からないから楽しみ。 これが魅力。  子供の写真も沢山撮った。 表情がかわいい。  息子二人も幼稚園時分にこの難しいカメラをあやつった。  動物写真が得意で、大人のように上手に撮ろうとか欲がないから素直なダイナミックな写真を撮る。 トラがすごいからドアップでトラとか。

ぼくは、中学の頃から美術部で絵を描いていたから、特に風景画が好きで。 写真が好きだったのもその影響かも。 ドイツヨーロッパの風景は本当に絵になるから。  ドイツ時代のライカクラブの友人に又会いたい。


近所のパキスタン人

以前有った店がつぶれて、パキスタン人の経営するレストランが駅前にできた。 いつ見てもだれも入っていない。 量の割に値段も高め。

先日、駅前にそのパキスタン人が黒い顔をして突っ立っていた。 何をしているのかと思ったら、メニューチラシをもってただぼーっと立っているだけ。 宜しくとか、いらっしゃいませとか言えば気づくのに。 日本も知らないかもしれない。

インドに行った時、以外とやばそうな物を食べても腹をこわして仕事ができない事は無かった。 正露丸ものんでいたけど。  カレー系、タンドリーチキン系など火の通ったものはOK.  水はのんでは駄目。  にごっていている。 なにか浮いている。 低階層は、下水の水で選択や体をあらっていた。  ビールはまずい。 すこし酸っぱい。 サウジでアルコールを飲んでいるのを見つかると豚箱入り。 やはり日本はいいなとつくづく母国日本を惚れ直す瞬間で有る。 盗みをすると手首を切られる。  うさんくさい通りにキャデラックがたくさん外に置いてあるカーディーラー。 夜の間に盗まれないのか? 手首を切られるから盗みをするやつがいないのか。

最近駅前のパキスタンレストランに入っている人が居る。 店の三分の一はうまっている。 美味いのかもしれない。  でもぼくは行かない。  つぶれるかもしれないとおもっていたがどなるのかこの店。


冬到来!

毎年温暖化なのか夏がますます暑くなって来る。

会社まで約20分歩くが、汗だくになってシャツとカッターシャツを毎回交換した。 両親は、85歳を超え夏は、大型エアコンの霧ヶ峰をフル稼働しないと命が危ない。 元気な者でも炎天下の外出は危ない。 ましてや年老おいた両親は外出しない。

そしてあれだけ暑かった夏が過ぎ、ついに冬が来た。 それでもかって私が知る子供の頃の冬はもっともっと寒かった。 氷がハリ、手、顔がかじかみ、ねずみ色の空で木枯らしが吹き抜け。。。。。  今外は、5-6度だがコートは着た事が無い。 向こうが透けて見えるような間物のスーツで十分。 10分も歩くと汗をかくので上着を脱いでカッターシャツ1枚で歩いている。 私が異常なのかもしれない。  ロシアに行ったときも数キロ歩いて暑くなり、カッターシャツ1枚で歩いた。 現地ロシア人は、着込んで歩いていた。

元上司が退職されて1年になる。 いい人だった。 いなくなって初めてつくづく分かる人の良さ。 あの人の事だからマイペースで今も元気だと思う。

ロシア出張に一緒に良く行った。 ロシアのエキスパート。 横断鉄道で極東からモスクワへ。 寒くなると思い出す。