おいしいコーヒー 

デニーズだったか2度焙煎コーヒーが苦みこくともに最高だった。 おかわりし放題。 ジョナサンは、ランチの時にドリンクを付けると飲み放題。  抹茶ラッテに感動した。  ホットでも、アイスを入れても美味しい。 抹茶が濃くて苦みが効いてておいしい。  でも少し甘すぎる。 4杯が限界。  エスプレッソもコーヒーもマシンで豆をその場で煎ってコーヒーを作ってくれるからうまい。

ブラックで最初味わう。  次にミルクを入れて味わう。  砂糖を少し入れて味わう。  全部完全には混ぜない。  もやっとしてままにしておく、 ミルクも砂糖も。  アイスコーヒーの場合は、ミルクと砂糖シロップをもやっと混ぜずにして味わう。 最後に完全に混ぜて飲む。

サンマルクが良い。  アイスコーヒーも美味い。 冬でも暑い時はこれにかぎる。 一杯目は、200円ぐらいで、二杯目は、100円。 三杯目は、50円と大変いい。  パソコンの電源も有るし。  田町にあるサンマルクがいいよ。  ぼくの隣に座っていた若いお兄さんがとても感じよかった。  お変わりに行っている間ぼくの上着をみててくれたり、wifiの接続を教えてくれたり。  17時になったら帰り支度をして隣の兄さんは、帰ろうとしていた。 「お先に!」と言ってくれた。 うれしかった。  「お疲れ様」とぼくは言った。  東京の大都会でも話しかけていると知り合いになれるよ。

 


おいしいパスタの作り方

僕がドイツに9年間居る間にイタリアに何回も行った。 パスタも美味いあの国は。 そこでしんぷるだけどぼくがよく作っていたパスタを紹介します。

イタリアンパスタをゆでます。 3分とか5分とか袋に書いてある時間通りにね。 お湯には塩を適当に入れてください。 沸騰してからパスタを入れます。  時間が来たら麺の堅さを前歯で噛んでチェック。 ぼくは、麺ゆで専用の長細い鍋を持っています。  麺をざるにいれて湯切り。  オリーブ油を引いたフライパンで麺を炒めます。 麺を入れる前にオリーブ油とニンニクのみじん切りを炒めておきます。  アンチョビと小さく切ったトマトを入れてまぜます。 アンチョビが十分塩からいので、あえて塩はふりません。 バジリコの葉は、ちいさな植木鉢で育てているので、それを摘んで小さくちぎってフライパンにほりこみます。  麺を味見しておいしかったらできあがり。

あっさりしていてシンプルで美味しいよ。 家内も子供も大喜び。 ぼくは、週末にこれを家族の為に作ってました。 スーパーでミンチ肉を買ってきて炒めて、トマトソースをほりこんでボロネーゼもおいしいよ。

パスタは、麺の種類も豊富。 ペンのかたちをしているからペンネとか。 ニョッキとか。 麺を変えると食感が変わって又美味しい!

 


近所のパキスタン人

以前有った店がつぶれて、パキスタン人の経営するレストランが駅前にできた。 いつ見てもだれも入っていない。 量の割に値段も高め。

先日、駅前にそのパキスタン人が黒い顔をして突っ立っていた。 何をしているのかと思ったら、メニューチラシをもってただぼーっと立っているだけ。 宜しくとか、いらっしゃいませとか言えば気づくのに。 日本も知らないかもしれない。

インドに行った時、以外とやばそうな物を食べても腹をこわして仕事ができない事は無かった。 正露丸ものんでいたけど。  カレー系、タンドリーチキン系など火の通ったものはOK.  水はのんでは駄目。  にごっていている。 なにか浮いている。 低階層は、下水の水で選択や体をあらっていた。  ビールはまずい。 すこし酸っぱい。 サウジでアルコールを飲んでいるのを見つかると豚箱入り。 やはり日本はいいなとつくづく母国日本を惚れ直す瞬間で有る。 盗みをすると手首を切られる。  うさんくさい通りにキャデラックがたくさん外に置いてあるカーディーラー。 夜の間に盗まれないのか? 手首を切られるから盗みをするやつがいないのか。

最近駅前のパキスタンレストランに入っている人が居る。 店の三分の一はうまっている。 美味いのかもしれない。  でもぼくは行かない。  つぶれるかもしれないとおもっていたがどなるのかこの店。


ヨーロッパチーズは、本当に美味い。

チーズはうまい。 ドイツに居た時マルクトでたまに買った。 赤ワインによく合う。 私は、ブルーチーズが好き。 ゴルゴンゾーラも美味い。 イタリアのパルメジアノ・レジアーノも最高。

イタリア人の友人のマルコの実家がパルメザンチーズの工場でISO14000を取得している。 清潔な工場だ。 マルコの兄さんがその近所で店を開いていて、たまにチーズを買いに行くと量を多めにしてくれたり、おみやげをつけてくれる。

この店のモルタデラハムも最高。 太めに切って焼いて食べるとハムステーキ。 塩分が少しきつめでほかほかのライスに合う。 パルメザンの塊は大きくて固いのでワイヤーで切れ込みを入れて切る。 食べ過ぎると元気になる。 パルマプロシュットハムも美味い。 メロンにのせて食べると最高。 白ワインに合う。 ガビドガビ(白ワインの名)。 ハムはサンダ二エールの方がうまい。 プロシュットより塩分が少なくてうまみが多い。 でも塩分が少ないのでパルマプロシュットよりは日持ちしない。

フェイスブックにも友人が増えた。 知らない人もかなり増えた。 マルコも入っている。 元気にしているかな。

又イタリアで美味いもの食いたいな。 地中海キヨジアの魚もうまい。 シタビラメの焼いたのに醤油が合う。 全てマルコと出張で行った所。

 


ハモンセラーノ スペイン

イタリアのサンダ二エールハムも最高だが、ハモンセラーのも最高にうまい。

どんぐりしか食べて無い豚は、爪が黒で、これからベジョタハムが作られる。 日本のデパ地下だと数枚で数千円もする。  スペインでは、ピラミッドのようにうずたかく盛り付けてもらって、赤ワイン1本、仕上げは、うまいステーキで40ユーロしなかったと思う。 だからバルセロナはいい。 ドイツ時代の友人が赴任したのでそのレストランに連れて行ってもらった。 彼は、スペイン語がぺらぺら。 勉強は、はだしのゲンが好きで日本語の漫画を全て覚えているのでそのスペイン語版漫画を買って覚えてたらしい。 だからがらの悪いスペイン語のようでいいやいになるとスペイン人もまけそうになる。 その頃ぼくは、ドイツ時代に110KGまで増やした体重をフルのトライアスロンにでれるまで絞っていたので、「おまえ がんちゃうか?」といわれた。 言いにくそうに心配して聞いてくれたのをおぼえている。 ドイツから帰国ごマラソンやトライアスロンを再び初めて減量した事をはなした。

1年後にバルセロナで彼に会ったらバルセロナのフルマラソンに出たらしい。 ぼくにライバル意識を燃やしたのか、素直にぼくの話に感化されたのか。

ドイツ、スペイン、フランスと転勤して。 お嬢ちゃんは、ぼくの息子と同じドイツのカリタス幼稚園。おくさんも元気にしているかな? 久しぶりに連絡とりたいけどメールアドレスもPC落として無くなってしまったし。 彼の会社に連絡とれば分かると思うけど。


カレー

私は、カレーが大好きである。 梅田のガード下においしいカレー屋さんがある。 サラダが50円でチキンかつカレーのルー多めが600円。 速く出てくるし、味は安定しているし、量的にも味的にも最高。  多い時は、週4日このカレーの時もある。

12時になったらすぐ事務所を飛び出さないと長蛇の列。 そんな時は、カレー屋さんの手前の道を右に曲がってかっぱ横町のうどん屋に行く。 素うどんは、300円くらい。 カレーうどんは、400円くらい。 辛めでうまい。 もちろん手打ち。 本店は、たぶん四国か?香川県まで行かずともこんなうまいうどんが安くで食える大阪人は幸せ者。  このうどん屋は、シャツにしぶきが飛ばないようにエプロンもくれる。  手打ちうどん最高。  この店は、天ぷらもおいしくげそ天は、値段の割に大きくておいしい。 最近歯が悪いので頻繁には食べない。 この記事を書いていてよだれが止まらない。

今日は、秋晴れの本当にいい天気。 パソコンばかりしていると健康に悪いので、一段落したら鶴見緑地にジョギングでも行くか。 最近太ってきたし。

運動をすると腹が減る。 最近は、レトルトでも、有名カレー店に負けない程美味いのが有る。 たいした物だ。 今夜は、おいしいカレーが食べたいな。